1. 葉酸を摂取して流産のリスクを軽減しよう

葉酸を摂取して流産のリスクを軽減しよう

めでたく妊娠することができた女性の中で特に大きなリスクとなるのが流産の存在です。

流産は健康な妊婦さんでも自然に発生することがあり、全体の割合からみると10~15%の確率で発生するとされています。
10人の妊婦さんがいれば確率上1人はそうなってしまうわけですから、妊娠が発覚した時には実行出来るリスク軽減を可能な限り行っておくのが望ましいでしょう。

そこで活用出来るのが葉酸サプリです。

葉酸サプリに含まれる葉酸には子宮内膜をカバーしつつ子宮の血行を促進する作用があり、これらの作用はどちらも流産を防ぐ上で極めて重要な作用となります。医療の現場でも葉酸サプリを服用して葉酸を補充した妊婦さんはそうではない妊婦さんと比べても明らかに流産・先天性奇形の発生率が低いという報告がされていますから、服用をするに越したことは無いわけです。

実際に日本の厚生労働省も妊婦さんに対して葉酸の摂取を推奨しており、1日あたり400マイクログラム摂取することが望ましいとして発表を出しています。

葉酸サプリ自体そこまで高額なものでもありませんし、葉酸は健康を維持する上でも重要な栄養素ですから妊娠が発覚した場合はもちろんのこと、妊娠を望んでいる女性もしっかり摂取しておくべきと言えます。