1. 葉酸サプリに含まれる成分と効能

葉酸サプリに含まれる成分と効能

葉酸サプリに含まれている成分である葉酸は、ビタミンBの一種で、細胞が身体に作られる際に必要不可欠な栄養素となっています。
葉酸サプリに含まれている成分である葉酸には貧血を防止するという効能と胎児の成長をサポートする効果があります。

葉酸には赤血球が大きく膨らみ正しく機能しないことによって引き起こされる悪性貧血を予防する効能があります。
一般的な貧血は鉄分が足りなくなったときに引き起こされることが多いのですが、悪性貧血はビタミンB12と葉酸が足りなくなったときに引き起こされます。

鉄分は赤血球を赤く染めている色素でヘモグロビンという組織の成分になります。

赤血球はおよそ四ヶ月ぐらいで寿命を迎えますが、新たな赤血球ができる際にビタミンB12や葉酸や足りなくなると、大きく膨らんで機能しない赤血球ができてしまい悪性貧血が引き起こされます。
また、葉酸はDNAやたんぱく質を合成するときに役立ちます。
人間の身体は遺伝子情報を保有しているDNAを設計図にして作られています。

奇形児が生まれる原因はDNAが異常に配列されることによって正しく遺伝子の情報が伝達できなかったためです。
ですので、葉酸は妊娠している際には不可欠な栄養素になります。

葉酸サプリには葉酸だけでなく胎児に必要な様々な栄養素が含まれて胎児の成長をサポートする効果があります