1. ホーム
  2. 葉酸サプリ
  3. 2/ 2

葉酸サプリに含まれている成分である葉酸は、ビタミンBの一種で、細胞が身体に作られる際に必要不可欠な栄養素となっています。
葉酸サプリに含まれている成分である葉酸には貧血を防止するという効能と胎児の成長をサポートする効果があります。

葉酸には赤血球が大きく膨らみ正しく機能しないことによって引き起こされる悪性貧血を予防する効能があります。
一般的な貧血は鉄分が足りなくなったときに引き起こされることが多いのですが、悪性貧血はビタミンB12と葉酸が足りなくなったときに引き起こされます。

鉄分は赤血球を赤く染めている色素でヘモグロビンという組織の成分になります。

赤血球はおよそ四ヶ月ぐらいで寿命を迎えますが、新たな赤血球ができる際にビタミンB12や葉酸や足りなくなると、大きく膨らんで機能しない赤血球ができてしまい悪性貧血が引き起こされます。
また、葉酸はDNAやたんぱく質を合成するときに役立ちます。
人間の身体は遺伝子情報を保有しているDNAを設計図にして作られています。

奇形児が生まれる原因はDNAが異常に配列されることによって正しく遺伝子の情報が伝達できなかったためです。
ですので、葉酸は妊娠している際には不可欠な栄養素になります。

葉酸サプリには葉酸だけでなく胎児に必要な様々な栄養素が含まれて胎児の成長をサポートする効果があります

葉酸サプリは妊娠中から授乳が終わるまでの間飲み続けることが好ましいとされています。
これは葉酸が流産を防ぎ、かつ先天性奇形の発症率を下げるというのが大きな理由です。

そして葉酸は妊娠初期、具体的には第11週までの間も脳や神経の障害の発生を防ぐ効果がありますから、妊娠が発覚するよりも前から飲み始めることが必要と言えるのです。
では具体的にはどれくらいの摂取量が必要なのかというと、これは一日あたり400マイクログラムが目安とされています。

多くの葉酸サプリは一錠で400マイクログラムというようにしていますが、これは葉酸サプリで摂取するべき葉酸の量に関係しているわけなのです。
ただし注意が必要なのは「多く飲めばそれだけ効果が高くなる」という考え方です。
これは通常の風邪薬などでも時折見られる誤解なのですが、薬にせよサプリメントにせよ多く摂取したからそれだけ効果が良くなるわけではありません。

むしろ葉酸は1000マイクログラムを超えて摂取すると発熱や蕁麻疹などの副作用が引き起こされる可能性がありますから、一日あたりの摂取量は400マイクログラムにとどめておくのが正解です。
健康な赤ちゃんを産むためにも葉酸サプリは上手に活用しましょう。

妊婦さんの健康を守り、また生まれてくる子どもも守る葉酸サプリは非常に役立つ存在です。
しかし葉酸サプリを毎月購入するとなるとそれなりの負担になってきますから「いつまで服用すれば良いのか」と考えてしまうこともあるでしょう。
これについて「いつまで摂取を続ければ良い」という明確な規定があるわけではありませんが、少なくとも産後の授乳中は葉酸サプリの摂取を継続したほうが無難です。
その理由としてはまず母乳の生成に葉酸が関係しているということが挙げられます。
赤ちゃんの栄養は基本的に母乳からのみ摂取することになりますが、この母乳は何も無いところからいきなり湧いてくるものではなく、母親が摂取した栄養素から作られる血液がベースになっています。
葉酸はこの血液からの母乳の生成を助ける効果がありますから、授乳中は継続的に摂取したほうが良いと言えるわけです。
また出産を終えた母親の体はかなり疲労していることも理由です。
葉酸は栄養素として人体の健康を守る作用がありますから、出産後に母親が体調を崩して授乳ができなくなるという事態を防ぐために葉酸サプリの摂取は必要と言えます。
授乳が終わったのであれば葉酸サプリの摂取は切り上げて構いませんが、少なくとも授乳が終わるまでのしばらくの間は服用を継続した方が良いのです。

葉酸とはそもそも、どういった栄養素なのでしょうか。
名前自体はよく耳にする存在であり、人気のサプリメント成分として大変有名ですが、案外その実態は謎に包まれています。
葉酸とは水溶性ビタミンの一種であり、ビタミンのグループに属する栄養素です。
水溶性という名前の通り、水分に溶けやすく、調理する過程でそのほとんどが失われてしまう、大変吸収し辛い栄養素となります。

そのため葉酸サプリでの摂取が国から推奨されており、いわゆる障がい児や発達障害の子供を回避するためにも、妊娠前から摂取しておきたいものです。
葉酸サプリの形式なら、妊娠前から着実に摂取出来ますので、子供の健康管理が効率よく進められる効果が得られます。
ただ妊娠前の摂取と言いましても、女性自身の感覚だけではいつ胎児がお腹に宿ったか、よく分かりません。
そのため葉酸サプリは病院で妊娠が判明する前、妊活中から摂取しておかなければいけません。
胎児の先天性異常は妊娠に至ってから約12週で決まりますので、子作りを始めた時期から飲んでおけば、初期の初期のリスクを上手く回避出来ます。

葉酸サプリには女性特有の貧血を予防する効果もありますから、体力の消耗が激しい妊活中の栄養管理として飲んでおけば一石二鳥です。

妊活や妊娠中、必要と言われているサプリがあります。

そのサプリとは「葉酸サプリ」です。

葉酸はホウレンソウやレバーなどに多く含まれる、水溶性のビタミンです。

なぜ、葉酸が妊活・妊娠中に不可欠なのかというと、お腹の赤ちゃんに大きな影響を与えるからなのです。

妊娠初期に葉酸が不足してしまった場合、赤ちゃんに先天性の病気が起こるリスクが高まると言われています。
無脳症や二分脊椎といった、神経管閉鎖障害という障害が葉酸不足で起こるリスクが、高いというデータがあるのです。

この他にも葉酸は造血作用に優れている為、お腹の中にいる赤ちゃんに栄養をしっかり届ける事ができますし、お母さんの貧血予防としても効果的です。

このように、赤ちゃんにもお母さんにも欠かせない葉酸ですが、食事から毎日十分な量を補うのは、かなり難しいのが現状です。

葉酸は1日に400μgを目安に補う必要がありますが、この量をホウレンソウで摂取するとなると7束食べなければいけません。
この量を毎日食事で補うのは、ほぼ不可能と言っても良いでしょう。

つわりで食欲が無いという時でも、葉酸サプリであれば服用しやすいでしょう。

葉酸サプリであれば、補いにくい葉酸も毎日必要量摂取できます。