1. ホーム
  2. 葉酸サプリ
妊娠中に欠かせない栄養素である葉酸を補給するための葉酸サプリは現在様々なものが売られるようになっています。
そのため選ぶ際にも迷ってしまいがちなのですが、選び方を心得ておくとスムーズに葉酸サプリを選ぶことが出来るようになります。
 
まず選び方として重要なのが成分の量です。
特に注目したいのが葉酸の量で、妊娠中は一日あたり400マイクログラムが摂取量の目安となっています。
そのため一錠でどれくらい摂取出来るのか、400マイクログラムを摂取するには何錠飲めば良いのかを確認しましょう。
 
次に確認するべきとなるのが葉酸サプリの製造元の情報です。

現在では国産のものと海外製のものがありますが、安心出来るのはどちらかと言うと国産のものです。
海外製のものは自然由来の葉酸を使用しているなどの点をアピールしていますが、実は自然由来の葉酸は吸収効率に劣るというデメリットがあります。
化学合成された葉酸が7割ほどの吸収率であるのに対し、自然由来の葉酸は5割程度の吸収率にとどまりますから効率良く摂取するのであれば化学合成で作られた葉酸を使ったサプリを選ぶようにしましょう。
 
まとめると「一日あたり400マイクログラムを摂取できる合成葉酸サプリ(国産)」が望ましいとなります。
あとは価格をチェックして継続的に利用出来るものをチョイスするようにしましょう。

葉酸とは、ビタミンB群である水溶性ビタミンの事です妊娠中の女性に多く摂り入れる必要のある栄養素で、血液を作る栄養のビタミンでもあります。

赤血球を作り出す栄養素である為に健康な体に改善する役割のある栄養素ですが、近頃うつ等の神経症状にも効果的な葉酸の効果が話題です。造血のビタミンである葉酸は、たんぱく質や細胞新生に必要なDNAを作り出す働きが注目されています。その為に統合失調症の改善や予防効果のある葉酸の栄養素です。統合失調症とは、慢性的な神経症状の精神疾患です。

葉酸が不足する事で、統合失調症になる傾向が研究等で発表されています。しかしホウレン草等に含まれる葉酸は、熱をくわえる事で半分の葉酸・栄養素が破壊されます。ですから葉酸サプリを利用する事が効果的です。葉酸サプリでは、錠剤やカプセルの為に服用のしやすさがメリットがです。

葉酸サプリには質の高い商品が望まれますし、ビタミンの種類である事から毎日の接収が必要になります。効率よく葉酸サプリで、健康管理と統合失調症の予防や改善サポートが出来ます。更年期障害等の症状にも効果的な葉酸サプリは、妊娠中同様に多様な年齢層に必要な健康サプリメントです。

安全性のあるサプリで、葉酸の栄養素を補う事で健康な体作りの活用が出来ます。

妊娠初期の女性は葉酸を摂取することが良いとされています。

厚生労働省では1日400マイクログラムの葉酸を摂取することを推奨していますが、これは神経管閉鎖障害の発症リスクを低減するためです。
毎日野菜を350グラム程度食べている方なら葉酸の摂取も可能ですが、実際には350グラムもの野菜を食べることは簡単ではありません。そこで多くの方に利用されているのが葉酸サプリです。葉酸サプリなら毎日適量の葉酸を手軽に補うことができます。

葉酸は妊娠初期の妊婦さんだけでなく、妊活中の女性にも必要な成分です。神経管閉鎖障害の発症リスクを避けるためには、妊娠が判明する前から葉酸不足を解消しておかなくてはなりません。
妊活中は食生活を含む生活習慣に気を付けている方が多いですが、毎日の食事で栄養バランスに偏りがあると感じている方は葉酸サプリを利用して不足している葉酸を補いましょう。

葉酸サプリは妊娠を希望する方だけでなく、健康な体を維持したい方や美しい肌を実現させたい方にもおすすめのサプリです。葉酸には血液の流れをサラサラにする効果もあるため、コレステロール値が高いと診断されている方は積極的に利用しましょう。また肌サイクルを維持する働きもあり、美肌効果を望む方にも適しています。

妊娠中や妊活中の男女のカップルが葉酸サプリを取り続けることは大切ですが、そればかりに頼り過ぎないで食事からも取るようにしましょう。

食品の中には葉酸を含んだものが多くあります。食品の成分をインターネットで調べたら、どの食べ物に葉酸が含まれているかすぐに分かります。食事と葉酸サプリの両方を取ることで、妊娠の可能性が高まりますし、妊娠中だったら、胎児の健康を守ることができます。

妊娠中は特に葉酸が必要で、食べ物で取った葉酸は尿として体の外に排出されやすいので、葉酸サプリでそれを補う必要があります。
食べ物の中で、葉酸が多く含まれているのはレバー、うなぎ、枝豆、モロヘイヤ、ほうれん草などです。この中でレバーは妊婦の方の場合は取りにくいことがあるので、モロヘイヤやほうれん草などの緑黄色野菜を多めに取るようにしましょう。

男性で子供の欲しい方だったら、レバーを積極的に食べるようにしましょう。

上記の5つの食品をできるだけ毎日の食事でとることが大切ですが、野菜は旬の時期以外は手に入りにくいことがあります。その場合は、納豆がお勧めです。納豆の中にも葉酸が含まれています。含まれている量は野菜の半分程度なのですが、手軽に購入できるメリットは大きいです。

妊活中や妊娠初期に積極的に摂りたい栄養素が葉酸です。

特に妊娠初期は受精卵が目まぐるしく細胞分裂を繰り返し、急激に成長する時期で、脳や神経、脊髄など重要な器官が作られる非常に重要な時期です。この重要な器官が作られる際に必要な栄養素が葉酸なのです。妊娠中に葉酸が不足すると赤ちゃんが神経管閉鎖障害を引き起こす原因になります。神経管閉鎖障害は、赤ちゃんの脊髄や脳が正常に形成されないことによって起こる先天異常の一つです。

葉酸を摂取することで、この神経管閉鎖障害のリスクを軽減できると言われているのです。

葉酸は野菜に多く含まれていますが、一日に必要な量を摂取するためには毎日たくさんの量の野菜を摂り続けなければなりませんし、つわりの時期はそれだけの量を食べることが難しかったします。

また、葉酸は熱を加えると細胞が壊れてしまい機能しなくなるため、生で調理したものを摂取しなければなりません。そういった点からも葉酸は不足しやすい状況に陥りやすい栄養素です。
ではどうすれば葉酸を不足せずに摂取することができるのでしょうか。そんな場合は葉酸サプリを利用すると、一日に必要な葉酸の摂取量を手軽に摂ることができて便利です。葉酸サプリならば、妊娠中に葉酸以外の栄養素も摂取できます。

ただ葉酸サプリも種類が多いので、添加物を使っていないかや国内産であるかといった安全に配慮が必要です。

 

女性にとって頑固な便秘は悩みの種ですが、葉酸サプリには便秘を解消する効果が期待できるといわれています。その理由としては以下の2つが挙げられます。

まず、1つ目の理由は葉酸には粘膜を強化する働きがあるということです。
腸の内側は粘膜組織できています。代謝が低下して粘膜組織がスムーズにつくられなくなると、腸が老化してしまうため、便通が悪くなります。葉酸は細胞の分裂を助けて上皮細胞の生成を促す栄養素なので、毎日サプリメントでしっかりと摂ることで腸の粘膜を強化し、便通をスムーズにする効果が期待できるというわけです。

2つ目の理由は葉酸サプリの摂取によって胃腸の動きが活発になることが挙げられます。
健康な赤血球をつくるために必須のビタミンである葉酸は、不足すると血液中の赤血球が不完全な形でつくられるため貧血になってしまいます。

葉酸サプリを摂取すると葉酸の働きによって赤血球が盛んにつくられるようになるので、胃腸に新鮮な血液が活発に流れ込むようになります。
血液は細胞が活動するための酸素や栄養を運搬するので、胃腸への血流が増えると代謝が促進され、胃腸の働きも活発になるのです。

ただし、葉酸サプリが持つこれらの効果は便通の助けをする性質のものなので、便秘解消には毎日食物繊維が豊富な野菜を積極的に食べるとともに適度な運動を心がけるなど、直接的なアプローチを続けることも大切です。

妊活は夫婦の息が合わなければ成功しない物事です。

女性だけがついつい頑張り過ぎてしまう事例が多いですが、赤ちゃんのもとである精液は男性の身体だけで製造されます。
妊活を無事成功させる上で、安定した夫婦の営みの回数が大事ですが、それ以上に意識したいのが父親となります男性の心身の状態です。
心身のバランスを崩したまま、いくら夫婦の営みの頻度を増やしても妊活は成功しません。

妊活中の女性に摂取が強く推奨される葉酸の栄養素ですが、実は男性の方が一般の女性以上に摂取しなければいけません。
その理由として挙げられるのが、葉酸が持つ栄養素の働きです。
その栄養素の摂取不足が続きますと、精子の量と質が著しく減退します。
性交を毎週欠かさずに済ませても、膣内に放出させる精液が少なければ確率は非常に低いまです。

また子供の障害の有無は、父親の精液によっても決まります。
葉酸不足が慢性化したまま夫婦の営みを続ける事は大変リスキーな行為です。

毎晩夫は豊富な精液の量を出しているので健康に問題ない、と考える奥様もいますが、その質までは肉眼では分かりません。
妊活の合否を決めるのは単純な精液量ではなく、精子自体の活動量です。

夫婦揃ってサプリから栄養素を補給する事で、女性側は妊娠しやすい子宮になり、夫側は精子の質向上、量の増加サポート、不妊の回避などの利益を得られます。

めでたく妊娠することができた女性の中で特に大きなリスクとなるのが流産の存在です。

流産は健康な妊婦さんでも自然に発生することがあり、全体の割合からみると10~15%の確率で発生するとされています。
10人の妊婦さんがいれば確率上1人はそうなってしまうわけですから、妊娠が発覚した時には実行出来るリスク軽減を可能な限り行っておくのが望ましいでしょう。

そこで活用出来るのが葉酸サプリです。

葉酸サプリに含まれる葉酸には子宮内膜をカバーしつつ子宮の血行を促進する作用があり、これらの作用はどちらも流産を防ぐ上で極めて重要な作用となります。医療の現場でも葉酸サプリを服用して葉酸を補充した妊婦さんはそうではない妊婦さんと比べても明らかに流産・先天性奇形の発生率が低いという報告がされていますから、服用をするに越したことは無いわけです。

実際に日本の厚生労働省も妊婦さんに対して葉酸の摂取を推奨しており、1日あたり400マイクログラム摂取することが望ましいとして発表を出しています。

葉酸サプリ自体そこまで高額なものでもありませんし、葉酸は健康を維持する上でも重要な栄養素ですから妊娠が発覚した場合はもちろんのこと、妊娠を望んでいる女性もしっかり摂取しておくべきと言えます。

妊娠を考えている女性や妊婦さんにとって、葉酸は、元気な赤ちゃんを産むために重要な栄養素であることが知られています。

そのため、計画的に葉酸サプリを摂取して、栄養バランスを整えている女性も増えてきました。葉酸サプリには、国内産の商品の他、海外産の商品も販売されています。どちらも葉酸が含まれたサプリメントである点では変わりがないのですが、海外産の葉酸サプリを通販で購入する際には、注意点もあります。

1つめが、海外の葉酸サプリは国産の商品と比較して葉酸の配合量が多い傾向がある点です。配合量が多い分、効率的に摂取することができる一方、気づかないうちに過剰摂取してしまう恐れもあります。1日あたりの摂取量に含まれている葉酸の量を確認し、日本で定められた基準内に収まるかどうか、確認しておくことが大切です。

2つめが、添加物や他の栄養成分の添加について確認しておくという点です。海外のサプリメントでは、添加物を使用した商品も多くみられます。また、葉酸以外の成分が配合されているものもありますので、事前に確認しておきたいものです。

原材料や添加物、葉酸の配合量がきちんと確認できない場合には、原材料が明記された国産の商品を使う方が安心できます。

「葉酸サプリ」は妊婦と胎児のに必要な栄養素として、病院で勧められています。

妊娠期においては、特に栄養に気をつけることが必要になりますので、サプリメントなどで必要な栄養を補助することは重要なことになります。妊娠には、喜びとともに大きな責任が発生します。特に妊娠初期の食事は、胎盤が形成され外形や内蔵などが形作られる期間ですので、栄養を効果的に摂取する必要があります。

しかし、必要な栄養のうち「葉酸」は普段の食事からでは不足がしやすい栄養素のひとつです。公的機関が妊婦に対して必要な栄養素としているのは、タンパク質と脂質、ビタミンとミネラルです。この内で特に必要とされているのは、ビタミン類に含まれている葉酸です。必要とされている理由としては、細胞分裂や細胞の成長、血液の元をつくるために欠かすことができない栄養であるためです。

発育に欠かすことができない栄養ですので、特に妊娠初期においては積極的に摂取することが病院で勧められています。

しかし、葉酸の性質として、熱に弱いため調理などの過程で半分近くの葉酸が失われてしまいます。

このことから、近年では葉酸サプリが人気を集めています。葉酸サプリを利用することで、一日に必要な量を摂取しつつ鉄分やミネラルも一緒に補給することができます。

栄養素のなかでも葉酸は、特に妊娠の可能性が高い女性や妊娠中の人には、積極的に摂取することが望まれています。

厚生労働省からも、食品の他に栄養補助食品などから、1日0.4mgの葉酸を摂取することを推奨しています。

現在販売されています葉酸サプリには、ポリグルタミン酸型とモノグルタミン酸型の2種類に分けられます。これらの葉酸サプリの違いには、摂取した際の体内での吸収率がひとつあります。葉酸は、食品にも含まれていますので、不足分を補うための葉酸サプリは、体内での吸収率が高い製品を選ぶのが良いとされています。この葉酸サプリが、モノグルタミン酸型の葉酸になります。選ばれる時には、

モノグルタミン酸型の種類の葉酸であるかを確認されて、厚生労働省が推奨しています必要量を摂取されるのがいいでしょう。
また、天然由来成分が配合されていて、添加物を排除し、極力身体に安心な原料で作られている製品が販売されています。身体の中により多く葉酸を届けられるように、工夫されているモノグルタミン酸型の葉酸サプリを選んで、効率良く摂取することが望まれています。

ビタミンやミネラルなどの栄養成分が含まれた製品もありますので、参考にされてはいかがでしょう。

結婚して子供を望んでもなかなか妊娠しないという夫婦が増えています。子供を望んでも3年以上妊娠に至らない状態のことを不妊といいますが、いまは不妊に悩む夫婦がとても増えています。

このためなんとか妊娠したいと体を整えようとする妊活をしている人が増えています。具体的に妊活のためにやっていることは、食生活を見直したり、生活習慣を整えていったり、適度な運動をするということです。

規則正しく暮らし、睡眠不足にならないようにするだけでも体の調子が整ってくるのです。また産婦人科にいって子宮や卵巣の状態を診てもらったり、生理の周期を整えるのも大切です。さらには、栄養素をきちんと取るということです。

とくに妊娠初期には葉酸がとても必要になります。これは葉酸が血流をよくするのに使われたり、妊娠初期に葉酸がたりないと、胎児に神経系統の障害がでるリスクが高まるので、早い段階から不足しないようにしなければならないのです。

そのため不妊で悩んでいる間から葉酸サプリを摂取することで、血流がよくなって妊娠しやすい体になったり将来の妊娠に備えるようにしているのです。
葉酸サプリは、いろいろなメーカーから出されていますが成分をよくみて、葉酸や鉄分などがしっかりと含まれている葉酸サプリを選ぶことが大事です。

葉酸サプリを摂取することで着床率が上がるという理由は3つあります。

そのうち、最も重要なものは、受精卵の染色体異常を防ぐ効果です。これは、葉酸に細胞を作る「核酸とタンパク質」の合成を促す効果があり、そのために、受精卵の染色体も正しく生み出されやすくなるのです。

2つ目の効果は、血行の促進です。これによって血行が良くなると、体が温まり、卵巣の機能も活発化します。これによって女性ホルモンの分泌も盛んになるため、子宮内膜が妊娠準備に入りやすくなり、着床率も上がるのです。3つ目の効果は、ストレスの解消効果です。ストレスには血管収縮作用があるため、子宮や血流に悪影響を与えてる胎児の発育不全をもたらすと考えられていますが、葉酸には脳の神経系の働きを維持する効果があり、これによって精神を落ち着かせることができるのです。

さらに、女性ホルモンの分泌は脳下垂体で行われるため、葉酸によっては脳の神経系の働きが改善されると、女性ホルモンの分泌も良くなり、前述の通り、着床率を上げる効果も期待できます。そのため、妊婦が葉酸サプリを摂取することは、トラブルのない出産を行うためにも重要なのです。また、葉酸は着床後も胎児の細胞生成を促し、奇形の誕生を防ぐ効果もあるため、着底前だけでなく、着底後から出産まで、葉酸サプリなどで葉酸を補給し続けることが重要です。

妊婦の方に積極的に摂取してもらいたいのが葉酸と呼ばれる成分です。葉酸は胎内の赤ちゃんの栄養不足を予防し、先天異常のリスクを軽減してくれます。また妊婦自身の貧血の軽減、授乳期には母乳の栄養を補うなど、葉酸は出産前後に欠かせないものなんです。

特に妊婦は通常時よりも多く葉酸が必要ですから、普段の食事だけでなく、葉酸サプリも併用すると良いでしょう。葉酸を多く含む食材としては鶏レバー、豚レバー、牛レバー、パセリ、そら豆、焼きのりなどが挙げられます。何かと栄養が偏りがちな現代の食生活ですので、これらの食材は意識して摂るようにしてください。

また、葉酸は水に溶けやすく熱に弱いという特徴があるんです。調理の過程において水洗いや熱を通す食材は多く、これらの事から葉酸は摂りいれるのが容易ではない成分だと言えます。葉酸を多く摂り入れるためには調理の段階から気を使う必要がありますので注意しておきましょう。取り入れるのが容易ではない葉酸ですが、その点において葉酸サプリは大変重宝されると思います。

普段の食事に気を使い、葉酸サプリを常用する事で効率的に葉酸を取り込むことができますから、妊婦の方は是非試してみてください。

妊娠中はもちろんのこと普段の健康管理の上でも役立つのが葉酸サプリですが、服用に際して副作用を心配する人は少なくありません。
医薬品であれば副作用が付き物ですから、葉酸サプリでもそうした副作用があるのでは無いかと考えることもあるでしょう。

ですが、実際のところ葉酸サプリではそうしたリスクはほとんどありません。
もともと自然由来の食品にも含まれている成分ですし、化学合成で作られたものも多いとは言え適切に作られているのであれば危険性は極めて少ないのが葉酸という成分の特徴の一つです。

特に化学合成というだけでリスクを感じてしまう人は多いものですが、こと葉酸に関しては自然由来のものよりも化学合成で作られたもののほうが吸収効率に優れていますから化学合成の葉酸サプリも使用が検討できると言えます。

ただこれはあくまでも適量を摂取した場合に限った話で、例えば葉酸サプリを通常の使用量の二倍などのように大量に摂取してしまった場合には葉酸の過剰摂取症状が発生するリスクはあります。
摂取上限としては一日あたり1000マイクログラムほどとして定められていますから、もし心配なのであればサプリに含まれる葉酸の量を確認した上で上限値を超えないように管理するようにしましょう。