1. ホーム
  2. 妊娠中のマメ知識

妊活中の人にとって、高温期は、妊娠につながるとても大切な時期といえます。
高温期とは、排卵後の体温が高い期間のことで、卵胞期が黄体期に変化することで、子宮内膜へ栄養を豊富に含んだ血液を送り込み、妊娠へと備えます。
低温期と高温期の体温の差は0.4℃前後とわずかですが、この期間を12日間維持するのが理想とされ、子宮内膜が温かくなることで、妊娠しやすくなります。
妊活中の人は、この高温期を安定させるために日頃の食生活を見直して、体のリズムを安定させることが大切です。
ただ必要な栄養をとるために、サプリメントを過剰に摂取すると、副作用のリスクが高まる場合があるので、食事から利用を摂ることをこころがけ、サプリメントは補助的に使用することをおすすめします。

子宮内膜を厚くするには、イソフラボンが効果があり、豆腐や豆乳、納豆などの大豆製品を摂取するとよいでしょう。ただ過剰に摂取しすぎると、女性ホルモンのバランスを崩す原因ともなるので、摂りすぎには注意が必要です。
その他に、細胞生成に必要な葉酸は、妊娠前から摂取することで、神経管閉鎖障害の発生リスクを減少することができるので、妊活中から摂取しておくとよいでしょう。

妊活中の人にとって、高温期は、妊娠につながるとても大切な時期といえます。

高温期とは、排卵後の体温が高い期間のことで、卵胞期が黄体期に変化することで、子宮内膜へ栄養を豊富に含んだ血液を送り込み、妊娠へと備えます。
低温期と高温期の体温の差は0.4℃前後とわずかですが、この期間を12日間維持するのが理想とされ、子宮内膜が温かくなることで、妊娠しやすくなります。

妊活中の人は、この高温期を安定させるために日頃の食生活を見直して、体のリズムを安定させることが大切です。
ただ必要な栄養をとるために、サプリメントを過剰に摂取すると、副作用のリスクが高まる場合があるので、食事から利用を摂ることをこころがけ、サプリメントは補助的に使用することをおすすめします。

子宮内膜を厚くするには、イソフラボンが効果があり、豆腐や豆乳、納豆などの大豆製品を摂取するとよいでしょう。ただ過剰に摂取しすぎると、女性ホルモンのバランスを崩す原因ともなるので、摂りすぎには注意が必要です。

その他に、細胞生成に必要な葉酸は、妊娠前から摂取することで、神経管閉鎖障害の発生リスクを減少することができるので、妊活中から摂取しておくとよいでしょう。

イライラや軽い腹痛、倦怠感など妊娠初期症状と生理前の症状は、実はとても良く非常に良く似ているのでどちらなのか判断するのは難しい時があります。

そこで、妊娠初期症状なのか生理前の症状なのか、判断するいくつかのポイントをご紹介します。

まず、最も判断しやすいのは基礎体温を付けている場合です。
基礎体温は、高温期と低温気に分かれていて、生理前になると黄体ホルモンの分泌が活発になると正常な状態なら14日ほどで終わりますが、妊娠している場合、16日経過してもまだ高温期が続いているようなら妊娠している可能性が高いといえるでしょう。

基礎体温を測っていない場合には、食べ物の好みで判断することもできます。
生理が始まる前になると、ストレスの原因とされるコルチゾール値が上昇し甘いものが欲しくなりますが、これが妊娠の場合だといつもの好みと違った食べ物は食べたくなるようになります。

下腹部の痛みも、判断するポイントの一つです。

生理の場合、子宮内膜を剥がす作用によって内側がぎゅーっとなるような痛みなのに対し、外側にグーッとした痛みが出たり生理予定日の頃にちくちくとした痛みが出る場合には妊娠の可能性が高いといえます。

実は、似たような症状が出たとしてもちょっとした違いもあるので判断材料のためにどんな症状が出たのか日頃から覚えておくとよいでしょう。

信頼度が高い順で言えばやはり基礎体温を毎日つけていくことをおすすめします。

妊娠中には、一般の人よりも多くの葉酸を必要としているのですが、普通に食事をしていれば不足する可能性が高くなります。

造血や細胞分裂などに欠かせない成分ですから、不足する場合には、身体の健全な成長を促進することが難しくなります。鉄分の不足も重なれば、血液の質や量を保つことも難しくなり、不眠の症状が影響して寝れない夜が続くこともあります。

この問題を解決するためには、葉酸の不足を根本的に解決して、体全体の免疫力を高める必要があります。葉酸を食事から摂取する場合には、水溶性ビタミンとしての特性を理解して、効率よく吸収しなければいけません。妊娠中にはレバーやウナギなどの料理を食べることがおすすめですが、不足する場合には、葉酸サプリも適度に利用することで解決できます。

妊娠中の不眠に対処するためには、体のツボを刺激して、気血の流れを促進することも有効です。血液を貯蔵する肝臓に関連するツボとして、足の甲にある太衝を指圧すれば、不眠の問題も解決しやすくなります。

お灸を使ってツボを刺激すれば、温熱効果も重なって、血液の流れが良くなります。ツボ押しのマッサージは日課として実践しながら、葉酸や鉄分の不足を防いでおけば、毎日のように快眠できるようになります。

妊娠中につわりを経験する人は多いのですが、症状や期間は色々です。

空腹になると気持ちが悪くなってしまう人は、回数を分けて食べられるものを少しずつ食べることが大切です。
妊娠初期は、とにかく食べられるものを食べられるときに食べましょう。

妊娠中は胃腸への負担や体重増加が気になるので、一回の量は少なくして空腹を感じた時に食べるようにしましょう。
外出する時などは、簡単にすぐ食べられるものを準備しておくと気分の悪さが緩和されます。

吐きつわりは、食べると気持ちが悪くなり食欲がわかないということでひどい人になると水も飲めなくなってしまうのです。
この時期は栄養は気にする必要はありません。

食べたいもの、食べられるものを少しだけでも口にしましょう。
さっぱりした物なら食べられるという方が多いようです。

脱水症状にならないように、すこしずつでも飲めるものを飲むようにしましょう。
アイスやゼリー、果物などは食べやすいようです。

水も飲めないなどかなり辛い症状の場合は、医療機関に相談してください。
普段気にならない臭いがつらいという方も多くなります。

今までは好きだった臭いも嫌いなにおいになるというように、敏感になります。
マスクをするなど臭いを防ぐようにしましょう。

マスクに好きな香りのアロマオイルを垂らしたり、気分がよくなる香りがついているマスクを使うのも予防になります。
疲れをためないようにしましょう。

妊娠はとても嬉しいものですよね。

お母さんのお腹の中に新しい命がやどるということは神秘にあふれる素晴らしいことなのです。

しかし、妊娠するとやってくるつわり。これがとても苦しく辛いものです。とてつもない吐き気と終わらない気持ち悪さ、つわりの症状は人それぞれです。
妊婦が飲むと良いとされる葉酸サプリも、つわりがあるとなかなか飲むことが出来ません。飲んでも吐いて戻してしまったり、食欲が出ない為、飲む気にもなれないのです。

そんな時は、タブレットタイプの葉酸サプリがお勧めです。タブレットタイプですと、小さくて飲みやすく、たった1錠で済むこともありますので、楽に飲むことが出来ます。
味もなく、匂いもありませんので、妊婦さんにも楽ちんです。

葉酸サプリには、お腹の赤ちゃんとお母さんに良いとされる成分がたくさん入っています。鉄分が一緒に含まれているタイプは特にお勧めで、貧血予防にもとても効果があります。
つわりの時は、無理に食事をとる必要はありませんが、水分から少しずつ補給するようにすることが改善の鍵ともいえます。

すこしずつ胃に食べ物を送り込み、その際に葉酸サプリも一緒に飲むと良いでしょう。
可愛い赤ちゃんにもう少しで会えますので、お母さんも体を大切に、ゆったりとした時間を送っていきましょう。

  • 1