1. 体重管理が鍵になる?妊娠しやすい身体作り

体重管理が鍵になる?妊娠しやすい身体作り

妊娠するにはベースとなる身体作りは大切で、妊娠するには体重管理も必要です。体重管理のためには食事管理と運動、睡眠が大切です。

妊娠しやすい体作りには質のより食材でバランスのとれた食事をすることが重要です。身体は食べた物で作られています。身体の機能を正常にするためには、何をどのように食べるかが大切で、子宮や卵巣などの生殖機能にも大切なことです。また、栄養バランスのとれた食事を心がけることは体重の管理にも繋がります。

運動をすることで血流が整います。運動はホルモンや神経、免疫なども活性化させる効果があり、運動は妊娠しやすい体をつくるには大切なことです。また、睡眠も大切で、睡眠時間を十分とることで卵胞の発育に関するメラトニンなど睡眠中に分泌されるホルモンの分泌が良くなり妊娠力が上がります。

ストレスに負けない体作りも必要です。強いストレスは月経サイクルや排卵が起こらないこともあります。ストレスを受けないことは難しいため、ストレスと上手につきあっていき、ストレスに負けないような体作りが大切です。

また、痩せ過ぎも良くありません。痩せ過ぎは女性ホルモンの分泌が少なくなる傾向があり、太り過ぎはエストロゲンの分泌量を過剰にするため卵巣機能に良い影響を与えません。過度のダイエットや暴飲暴食を避けて体重管理で適正体重を維持することが大切です。